Silent dialogue

f:id:mktone:20071119163941j:plain
@NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] ギャラリーA


人類は【 言語 】という方法を用いて、コミュニケーションをとっている
では【 言語 】のない植物や昆虫たちはどのようにしてコミュニケーションをとっているのか―?


同じく、人類は周囲の環境情報を五感によって捉えることが出来るが、
植物や昆虫はどのようにして捉えられるのだろうか―?
植物や昆虫は何を見て何を感じ、そして何を発しているんだろうか―


そんな素朴な疑問を科学の力で可視化・可聴化する
科学の力でメスをいれてみようという企画である

  • 植物に移動手段を与えると生態にどのような変化が見られるか?
  • 椎茸の生態電位を音響として取り出すことでその変化を可視化する事は出来ないか?
  • 生体組織や細胞の肉眼では認識できないような極めて微弱な光を可視化したら世界はどうなるのか?



こういった先鋭的な思考はどこかアートにも似ているような気がする
まるでSFの世界へ一歩目を踏み出しているような、そんな不思議な感覚に襲われる


…にしても、すげえ難しすぎる!