20世紀少年


邦画の「終わり」がはじまる


漫画の映像化という一点に絞って見れば評価出来ない訳ではない
特に各キャラクターに対してのキャストのチョイスは抜群


ただ、原作ではあれほどリアルに描かれていたと思っていたはずの戦いが、
実写化するとどうしてここまでリアリティーに欠けてしまうのか?
うーん、やはり漫画は漫画の中でとどめておくべきなのか―


心の中まで台詞にして言葉で言ってしまうような堤幸彦の映画センス
忠実な再現を目指したと言うが、それって言いかえれば原作をなぞるだけで、
原作を越えようとする気概も何も感じられない、そんな作品


これが邦画の超大作だとするのであれば、それは邦画の終わりを指している