【つけそば まき野】 武蔵新城




JR武蔵新城駅からすぐ徒歩2分程度のところに2008年にOpen
つけそばと銘打つのでつけ麺専門店かと思いきや、どうやらそうでもないらしい
清潔感あふれる木目調の店内は、テーブル席とカウンターが数席のこじんまりしたお店
スープが東京醤油とあごだし豚骨の二種類で展開しているのも特徴
またあつもりの時は、黄身を落としてカルボナーラ風になる!

つけそば あごだし豚骨


"あごだしはまるでミランにおけるアンブロジーニ"


魚介と豚骨のバランスがうまく取れた魚介豚骨は、一口含むと魚介のいい風味が口の中に溢れる
魚介ダシが強めなのだが、魚介特有のエグみが少ないのは不思議
主張はするが目立ち過ぎない、これが「あごだし」の力!
全体的にうまくまとまっており、とても食べやすく仕上がった一杯


麺は、郡山の富多屋製麺所から取り寄せる中太ちぢれ麺
加水多めでツルツルした口当たりだが、あまり郡山から取り寄せる程の何かは感じなかったのも事実