Moon:月に囚われた男


契約期間:3年
赴任地:月
労働人数:1人
このミッションは何か、おかしい。




低予算で描き出すSF映画の本質


低予算をいかに低予算らしく見せないようにするか―?
この問題を工夫とストーリーテーリングでカバーする
派手なシーンやCGだけじゃない、アイデアで勝負する事で、
SFの面白さの本質は、映像美じゃない事を静かに教えてくれる。


箱庭のような月面世界の中で、捻りの利いた物語がこの作品のスケールすらもでかくする
まるでジオラマのような微笑ましい月世界で巻き起こる悲劇
現代の作品とは思えないくらいチープなセットの中で展開されるドラマは、
CGやVFXはあくまで飛び道具であり、映画の本質ではないという事を教えてくれる!


月面に赴任した男が知ってしまった真実
資本主義化の労働社会の行きつく果てへ
「アンニョンヒガセヨ」それではお元気で
無限ループという恐るべき構造、そしてその事実を知った主人公を哀れで物悲しい
人を労働力としてしか見れない資本主義の本質を暴きだす
本当は、HAL9000のようなロボットよりも本当は人間が一番恐ろしいのである


デビット・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズの初監督作品