Iron Man:アイアンマン


装着せよ―強き自分




イチから作るDIYボンクラヒーロー!


米国の巨大な軍需産業を牛耳る男、トニー・スターク
父親の哲学を信じ、自らの仕事に誇りすら感じていた彼自身が戦争というものを体験したとき、
彼は自分のしていたことの重大さに初めて気付いてしまった


軍需産業というモノを全く理解していない裸の王様
この大馬鹿者のちっぽけな良心の呵責から起こした行動とは、
自らの企業の尻拭いをするために、彼は鉄の男となることだった!


とりあえずアメコミ映画の中で一番好きなキャラクターかも!
もう何よりトニー・スタークスというキャラクターを演じるロバート・ダウニーJrが最高すぎる!
彼の麻薬によって転落したキャリアから這い上がる実人生とリンクして、魅力的なキャラが誕生!
もはや、アメコミ映画史上最高のマッチングを見せたトニー・スタークスが、活躍するだけでもはや合格!


さらにプラモデル好きには堪らない、自らの手で作り上げていく工夫に満ちたDIY精神丸出しのヒーロー!
失敗と成功を繰り返す製作過程をしっかり見せてくれることで、試行錯誤を繰り返して手に入れた武器で、
敵を倒していくカタルシスもまたアイアンマンをここまで魅力的した要因!


全てが自己完結の中でのヒーローなのであり、だからこそ潔い
あくまでアイアンマンの目的は、世界の平和というよりは自らの企業の清算
だから、シリアスなヒーロー像とか世界平和がどうこうとか細かい事は抜きとして、
ただのボンクラ社長であったトニー・スタークスが自らの尻を拭うために立ち上がる姿に燃えればよし!


挿入されるHard Rockのさらに心をアツくさせ、
脇を固めるドン・チードルグウィネス・パルトローもまた魅力的!
やっぱり、キャラが立ちまくりの王道アメコミヒーロー映画!
おれはこういうヒーローを待っていた!!