Thomas Bullock Japan Tour 2010


江ノ島Oppa-la


ついこの間、oppa-laに来たDJ Harveyを見逃したので、今度こそは見ておこうと家を飛び出す。
正直、自分もどんだけ凄い人なのかイマイチわからなかったけど、肩書き見るだけでヤバいくさい。
とりあえず、世界に名を残す伝説的なDJ playを見ておこうと単身oppa-laへ向かう。


正直、満員とはいかないまでも、丁度良い人口密度の中で彼のplayは始まった。
明らかに人とは違うオーラを発しながら、DJ Harveyと共に登場。
いきなり一発目からロカビリーを流し、奇才っぷりを発揮したかと思えば、
驚く程の展開力で一気にHouse Musicへと昇華させる。
面食らっていたのだが、気がつけば踊らされてるDJ playは流石としか言いようがない。


metamorphose '09でLarry Heardのplayを聞いていて、同じような事を思ったのだが、
彼らの流すHouse Musicは、血液の通った音楽、Soulを揺さぶる音楽。
そう、確かに【Groove】はそこに存在していたと思う。
血沸き肉踊る音楽、体温のある暖かい音楽。それこそが、Dance Musicの原点であると感じさせたDJ Playだった。


「このまま全てを忘れて...」なんて思いたかったのだが、現実が自分の体を離さない。
次の日の仕事の為に強制的に体に鞭を打って4時頃帰宅。
自らの欲望に打ち勝つ事が出来た事を成長として捉えるか、それとも...。
とはいえ、あのDJ Playは少なくとも今年中は影響受けまくりだろう。


本当に素晴らしい夜だった!こんな事思えたのは久しぶりだ、感謝。
ちょっと今後は色々とThomas Bullock関係を漁って見ようと思う。