추격자:チェイサー


追っているのは闇か、光か―




みてはいけないものをみてしまった…


デリバリーヘルスを経営する元刑事ジュンホ
店の女の子が次々と失踪する中、ある男が関わっている事を突き止める
当初は男が女を売り飛ばしているのだと思ってたのだが―
警察も巻き込んで重大な悲劇へと転がっていく


2004年に韓国で起こった、ユ・ヨンチョルによる連続殺人事件をベースに、
焦燥感と行き場のないエグさを表現したナ・ホンジンの初監督作品とは思えない完成度に、
ハリウッドのリメイクすらも決定した!


その映画の中にあるのは、背筋が凍るほどの戦慄
まさに見てはいけないもの見てしまったような感覚
徹底的な暴力に心身共に完膚なきまでに打ちのめされる
窒息してしまうような息苦しさが支配する救いようのない物語


ラスト付近の留守番電話のメッセージには誰もが絶句してしまうショッキングさ
そして、やり切れなさと観客を絶望へ突き落とす描写の徹底ぶりは、さすが韓国映画の真骨頂!
ここまで描き切るからこそ、この映画の基となるユ・ヨンチョル事件の残忍さを浮き彫りにしている


巻き込まれたら、あっという間に破滅の結末へ一直線
まさに転がっていくが如く、この作品の勢いに飲み込まれる
その力強さと鮮烈で鋭い衝撃が観ている者に突き刺さる!


余談だが、犯人役の俳優がKen The 390にすげえ似ている