【節のそなた】 大和




2008年の8月にオープン
非常にふざけた名前だが、実は東池袋大勝軒の亜流店
橋本の「節の一分」やら本厚木の「節物語」など、どれもそのネーミングセンスには頭を抱える
オープン当初は、節とにんにくの2種類だったが、マイナーチェンジの末、節と海老の2種類に落ち着いた様子
U字型のカウンターとテーブルのなかなか広々とした店内で、威勢のいいあんちゃんが迎えてくれる

節の冷つけめん 海老


"友情出演、海老"


豚骨と魚介に野菜も煮込んだ濃厚なスープに、とろろ昆布が混ざった高濃度高粘度ドロドロスープ
多少お酢の酸味も感じつつ、甘みが強い味わいで、昆布の風味が効いている!
全体的に油の量が多く、非常にこってりした味わい!
食べ終わる頃には口の周りがテカテカになっている事だろう


麺は加水少なめの極太角切り麺
コシの強さが魅力だが、すこしゴワゴワした食感
パンチのある麺とスープだが、殺し合う事なく共存している
海老の粉末を溶かすと、うっすら香ばしい海老の風味が漂ってくる

チャーシュー丼


"全てを焼き尽くすバーナー!"


厚く切ったチャーシューと角切りの山芋、メンマとネギがのっかっている
全部のせた上でバーナーでしっかり炙るというワイルドさ
チャーシュー以外の物が焦げてしまい、少しマイナス…
ただし、醤油の風味のタレがおいしくご飯との相性は抜群