The A-Team:特攻野郎Aチーム THE MOVIE


デカいことヤローぜ。




余計なことせず、振り切っちゃえばいいのに!


ハチャメチャに凄い4人の狂人たちが織り成す大味なアクション
彼らにかかれば、戦車すらも空を飛ばすありえなさ!


オリジナルを観ていなくても全然楽しめるのだが、観ている人は楽しめる小ネタが軽くあるらしい
自分にはわからなかったけれども…
キャストのチョイスも観る前は少し違和感を感じていたのだが、
作品を見れば全く気にならず、むしろ見事にハマっていたと思えるくらい!


荒唐無稽な作戦が形になって行く感じが面白く、テンポの速い展開で飽きることなく楽しめる
ただし、序盤のメキシコのワクワクさに比べて、途中からイラクやらフセインの残党やらと
中途半端に今の社会情勢を混ぜた事により、急ブレーキがかかってしまった
それがアクションのスケールは申し分ないのに、どこか爽快感に欠けた印象につながっている気がする


非現実をどれだけ映画内でそれだけリアリティーをもって描けるかが、映画に入り込めるかどうかだと思うのだが、
百戦錬磨のハンニバルの作戦が、「結局ラッキーなだけじゃん」と興ざめしてしまうような、
そんな行き当たりばったりになってしまったのが残念


また最後のおまけ的にオリジナルのキャラをカメオ出演させるのは、
往年のファンに媚びてるような気がしていらない気がする
どうせなら、ストーリーに組み込んでほしかったな!