How To Train Your Dragon:ヒックとドラゴン


一緒だから強くなれる




これぞDreamWorksの本気


今までアンチテーゼ的作品ばかり作り続けた彼らが、
普遍的な物語の王道をつくったらここまで完成度の高い物語になるとは!
非の打ち所のないファンタジーと言っても過言ではない


主人公に特殊能力なんてなくて誰しもが持っている力で、誰も出来ない事をする姿が感動を誘う
一人の人間が全体を動かす事がどれだけ難しい事か!
それでも彼がそれをなし得たのは、元々の素質や能力ではなく、あくまで逃げなかったから
だからこそ、我々は彼に共感し、【勇者になる事は誰でもできるのだ、逃げなければ】という事を知る


そう、島で唯一の落ちこぼれは、本当は島で一番強き者だった
その強さとは、自分と異なる者を受け入れる包容力であり、
他者の命を奪うことを恐れる「強さ」、そして逃げない「強さ」
この普遍的なメッセージを嫌味なくストレートに表現されている


トゥースの愛くるしさ・アスティツンデレ・ストイックの不器用な父親像・ゲップとの関係性など
人物や動物の描写がいちいち良いので、思わず感情移入してしまう
個人的にはもっと序盤のドラゴンを凶暴に描いてもいいのかなと思ったけれども


そして、3Dだからこそ味わえる驚異的な映像技術
空中飛行や戦闘シーンの迫力には終始口が開きっぱなし
繊細でリアルなCG描写は実写かと思わせるほど精巧で、時代は遂にここまで来たか!と思わざるを得ない
この圧倒的な世界観と映画体験はぜひとも3Dで味わうべきだと思う


異種との拒絶をしていた古い世代から、共存していく新しい世代へ
全てを受け入れ、助け合う世界こそ理想だとこの物語は示している