深夜寝る前にtwitterを眺めている途端、RTの嵐。確認すると激震が走る。
やっぱりこの日の話題は本当に驚いた。


観て正直思うのは、「やっぱりぶつかってんじゃん」という事。
これを観ても温家宝首相は無実と言い切れるのか。
こんな証拠映像を持っていながら、中国に外交の主導権を握られてる日本の外交の不手際に憂慮する。
そもそも船長を解放した事すらも謎だけれども、現政府は中国に対してどのように接しようとしているのか。


これを観てこの事件の真相は明白。
これをカードに日本政府は中国に対し主導権を得なければならない。決して対立のカードにしてはいけない。
ネットの世界で「民度が低い」などと中国のデモを観て発言していた僕らが、逆に民度を試される番が来たのだ。
やはりみんな心に愛国心を持っているのだから、
この映像と昨今の中国政府の対応を観て、怒りの感情が芽生えるのは仕方ない。


外交というのは、ただ感情に任せて良い訳ではないのである。
これで日本に対して優位な外交を進める事を要求し、それが出来なければ政府の無能を訴えるべきである。
怒りに任せて、いがみ合ってはならないと思う。
ここでの対応こそがネトウヨの言う「民度の違い」を見せつけるべきではないか。


このニュースを煽るものに惑わされてはいけない。


asahi.com(朝日新聞社):尖閣沖の衝突ビデオ? 動画サイトに流出 - 尖閣諸島問題