【らーめん のくち】 溝の口




写真からも分かるように非常にへんな立地、外観も絶妙の胡散臭さが漂う
内装は、まるで小路にそれたイナたい呑み屋のような小汚い店内
豊富すぎるメニューからも怪しさがビンビンで、極めつけは店主が無愛想すぎて笑える
隠れ家というには怪しい雰囲気がビンビン過ぎるラーメン屋

濃厚魚介ラーメン


"見かけにだまされるな!"


一見、普通の醤油ラーメンかと思っていると、口に入れた途端に濃厚な魚介の風味が広がる
濁っていないのにまるで煮魚にような甘みの強いクセのあるスープ
豚骨の重厚さはなくても、鶏がらのようなコク深さと節系の香りとうまみが感じられる、これがなかなかイケる!
個人的には外観の怪しさなども相まって、掘り出し物感満載でうれしい!


麺は中ちぢれ麺、少しべチャっとしていたようだったのがちょっと残念
トッピングのチャーシューが肉厚な割りに箸でもてないくらい柔らかい、
ただ冷蔵庫からそのまま載せちゃうので、炙るという一手間もらえると最高なのにと思う

チャーシュー丼




刻んだチャーシューに刻みネギ、ここに醤油ダレをからめて最後にごま油を絡めて完成
生姜の爽やかな風味とごま油の香ばしい香りが食欲を沸き立てる
箸でもてないくらいに柔らかいチャーシューとシャキシャキのネギ、醤油強めのタレが絡み、
ここでも生姜の爽やかな刺激決め手となって、うまく全体をまとめている
敢えてマイナスを言えば、チャーシューが冷たい事とちょっと水っぽくなってしまっている事だが、
これを差し引いても十分おいしいと言えるチャーシュー丼だった
¥250という安さも魅力!