【味輝拉】 溝の口




2010年の年の瀬「元祖一条流がんこラーメン八代目分家 味輝拉」が、
突如として「がんこ」の名前を捨て、心機一転し二郎インスパイア系ラーメンを提供し始める!
溝の口では和蔵がインスパイア系へシフトチェンジしつつあるが、遂にこっちもか!
ラーメン二郎の勢いは凄いなあと改めて感じる
正直、随分と露骨な事をするなーと思いつつ、内装は今まで全く変わらない、カウンターのみの小さめな店内
以前と変わらない女性店長が、にんにくを入れるか聞いてくれる

冷やし麺(シソ風味)


"謎のWスープ"


涼しげなガラス容器に盛り付けられた夏季限定の冷やしラーメン
すっきりとした透明の鶏スープに本当にほんの少しのシソがちりばめられる
シソ風味というからにはもう少しシソの量を増やした方がいいと思う
昔の「元祖一条流がんこラーメン八代目分家 味輝拉」のスープに近い透明なスープは、
冷たさも相まってさっぱりして飲みやすく、それでいて味もしっかりついている


チャーシューは何故か暖かいスープと一緒に提供される
今度は現行の味輝拉の豚骨醤油スープなのだが、これをどうすれば良いのか謎…
チャーシューを暖かく提供するためなのかは分からないが、とりあえず別々にスープを飲む


麺は中ちぢれ麺、ツルツルシコシコで冷たいラーメンとの相性はなかなか
豚骨醤油スープの友好的な使い方とシソの量をもっと増やしてもらえれば、
もっと印象は良かったんだけどなあ…





■前回訪問