【鶏と魚だしのつけめん 哲】 溝の口




溝の口駅から徒歩5分程度
田園都市線の高架下に突如出現したあの「つけめんTESTU」の別ブランドが9月30日に満を持してオープン
連日行列の出来るくらいに一躍溝の口の話題に!
魚介豚骨であった本家に対して、こちらは鶏白湯と魚介のスープを提供
カウンターのみの店内は常に店員さんが外の行列に至るまで目を光らせる
つけ汁を温める焼き石や特製雑炊なども健在!

端麗弱火炊きつけめん


"弱火でも灼熱!"


強火とは違い普通の容器に入ったつけ麺なんだけど、相変わらずアッツアツ!
どちらかと言えば魚介の風味が強いかなーってくらいで、あまり違いが分からなかった
こちらも強火と同じくショウガの風味が独特な雰囲気、ただ非常にバランスがとれているので食べやすい
麺は中ちぢれ麺、こちらも「TETSU102」で打った麺

シ〆のぞうすい


"別に熱いのはメリットじゃねえ!"


「哲というばコレ!」という触れ込みに負けて注文
麺を食べ終わった後にスープ割りを頼む要領で、シ〆のぞうすいを注文する
すると、10分以上待たされてつけ麺の器にグツグツした雑炊がやってくる!
ここに生玉子と特製ラー油を混ぜ込んで食す


正直、ここまで待つなら頼まなくていいわ!と思いつつ、
猫舌には絶望的なくらいの熱さは食べづらかった
正直、熱過ぎて味がよく分からない...
ただ特製のラー油の風味と辛みが絶妙!


■前回訪問