Le Transporteur 3:トランスポーター3 アンリミテッド


手首に罠、依頼品は赤い代物




もはやシリーズどうでも良し!!


一作目のお約束はシリーズを重ねるごとに放棄されて行く
もはや、寡黙なドライバーから普通におしゃべり野郎になってる主人公は、
回を重ねるごとにそのキャラとしての魅力が失われて行く


それでも渋い表情と肉体美だけでどこか画面に説得力を持たせてしまう
ジェイソン・ステイサムの肉体的な魅力は十分に楽しめる!
っていうか、このシリーズがジェイソン・ステイサム以外の役者だったら、ここまで売れてない!


いきなり家に車が突っ込んでくる脅威の幕開けから、
車から離れると爆発してしまう腕輪をはめられ、謎の美女とともにドイツを目指すことになる
いつもの通り、訳の分からないうちに、どんどん災難に巻き込まれて行くフランク・マーティン
今回は有毒廃棄物を扱う国際廃棄物管理会社の巨大な陰謀が彼を待ち受けている


契約厳守・名前は聞かない・依頼品は開けないの3つルールは、
とうの彼方に忘れ去られて、ビリビリに破かれて行く
「ルールには例外がある」って、ルールを作ったお前が言っちゃ意味ねーだろ!
という、そんな突っ込みもむなしく響く、安定のヨーロッパコープ!
無駄な描写や雑な展開は、相変わらずのリュック・ベッソン仕込み!


その割に、今作はヒロインの魅力に乏しく、物語の推進力にまったくならなかったのが勿体ない
それでも、前作と比べてカーアクションが多めだったり、爽快でテンポの良いアクションは楽しめたかな?
あからさまなCGも今回は抑えられてたのは良かった


ま、あくまで「トランスポーター2」と比べてって話なんだけど!
正直、ジェイソン・ステイサム以外はどうでもいい映画だよ!