読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Underworld:アンダーワールド

Movie ★★


この闘い 本能か 愛か―。




ドラキュラ vs 狼男 vs アバター


青みがかかった画面の中でスタイリッシュな映像美
そこで繰り広げられるのは突っ込みどころ満載のドタバタアクション
特にケイト・ベッキンセールのアクションがドン臭いのなんのって!
オシャレチックな映像だからこそ余計残念に見えてしまう


ドラキュラvs狼男の血で血を洗う戦争が続く中、
その戦争をしている意味を知らない女戦士が、戦争の本当の意味を知る。
そのきっかけは、種族を越えた愛だった。


最強のヴァンパイアの呆気なさと言い、作り込み不足感が否めない
で、最強の混合種がアバターだったというどんでん返しも如何なものか?
映画全体に広がるダークな雰囲気はなかなか良いものがあるだけに、
キャラクターやその世界観に入り込む事が出来ないのが残念!!