【らーめん 茅】 茅ケ崎




新湘南バイパスの高架下に2005年にオープン
県道44号の赤羽根交差点に位置し、車で行かないと少々キツい立地でこじんまりと営むお店
栃木の佐野産の麺を見つけたからこそ店を始めたという自慢の麺を提供する
座敷とカウンターの広々とした店内で、職人気質のご主人と気の良さそうな奥さんで切り盛りしている

塩ラーメン


"麺のためのラーメン!"


見た目からしてシンプルな塩スープは、無駄なしつこさのないあっさりとした味わい。
油も全然浮いていなくて、魚介系や香味油などを加えていない、鶏の味がしっかりしたシンプルなスープ
麺は中ちぢれ麺、モチモチとした弾力がかなりある麺は、普通とちょっと違う食感
スープがシンプルなだけに、この麺の個性が存分に楽しめる
地味ではあるけれども、麺の美味しさで印象を残している感じ!

角煮ごはん




白米を乗っけて、角煮を乗っけて、ハイ!出来上がり!
悪く言ってしまうと手抜き?とまで思えるくらいの素っ気なさ
生姜の風味が効いた歯応えのある角煮は食べ応え抜群
ただ、薬味をのっけるとか、もう少しくらい手を加えてくれてもいいと思う