神探:MAD探偵 7人の容疑者


それは精神の破綻か? 真実か?




ラストシーンだけで白飯何杯でも!


人の内面が見えるという奇想天外な男の普通じゃなさ過ぎる捜査
その名の通り、イカれたMADな捜査に振り回される一人の刑事が織りなすサスペンス


そのMADな頭の中をそのまま映像化をした
事実と妄想がごっちゃになって目が回るようなカヲス感
それを見事に表現しきったアイデアとセンスが随所に光る!


もしもゴッホが刑事だったら?
この奇天烈なテーマそのまんまの狂った世界観を
軽いユーモアと斬新なイメージで描ききった!


あまりに奇天烈過ぎる主人公の行動に、
相棒同様愛想を尽かしはじめたらそのまま、正気か狂気かわからないまま衝撃のラストへ突っ走っていく。
最後の最後まで主人公を信じていいのか分からないから、一瞬たりとも気が抜けない!


そして、ラストの鏡を使ったあのアイデアで親指立ちまくり!
つべこべ言わずに、コレ見て鳥肌たっておけば良し!
90分というコンパクトな物語の中に、ジョニー・トーのクセだらけ!


このテイストにのっかれる人は僕と握手!