The Mechanic:メカニック (オリジナル)


メカニック
それは殺しにすべてを賭ける
男の戦い―――
凄絶な銃撃戦の真只中に
男のロマンがきらめく




瞳の奥が黒光りするチャールズ・ブロンソンの顔力!


寡黙で冷静沈着に殺し屋という仕事をこなす「メカニック」
それは派手な銃撃戦で仕留めるのではなく、あくまで事故や病死に見せかける
緻密に練られた殺しのプランを素早く的確に遂行する姿はプロの美学


しかし殺しの世界は非情であり無常である
そんなメカニックですら自責にかられる仕事を遂行した後、
必ず不幸な結末になる事を悟りながらも一人の男を相棒にする
どこか艶かしく怪しげな二人は互いに尊敬しながら破滅へと向かって行く


まるでスピリチュアルジャズをBGMに、
上質なブラック・コーヒーを味わうかのような、
チャールズ・ブロンソンの渋味溢れる演技が存分に楽しめる


常に感情を殺した表情ながら、つぶらな瞳の奥は憂いを秘めている
そんな彼の生き様はまさに男の美学