Les Arbitres:レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏


レフェリーの下すジャッジの影響は
ときに世界を揺るがす




神の如く力を持った石ころのような存在


試合を決める事の出来る絶大な力を持ち、
ピッチの中では一番の権力者でありながら、
常に彼らは石ころのように扱われる


その絶大な力を行使するが故に
時に彼らは悪魔の如く全ての人々から憎まれる
しかし、彼らが全ての観客から賞賛の受ける事はほぼない


そんな90分間だけ神にならざるを得ない人々を追う
彼らの知られざる素顔や苦悩が描かれる
新しい視点で描かれたEuro2008は新鮮だ


審判も人間だなんて正直前から知ってる訳で、職業としてレフェリーを選んだのならば、
選手が酷いミスをすると叩かれるように、酷いジャッジは叩かれてしかるべきなのだ
なぜなら、彼らだけがピッチの中でただ一人、勝敗を決める事が出来るからだ