Fuji Rock Festival '12 -Day3-




不完全燃焼の今年のFuji、後悔だけが残った…


会社のパイセンに車に乗せてもらうはずがチケット忘れて急遽、新幹線で苗場へ
苗場に着くまでは良かったけれど、そこから炎天下の中バスを待つこと2時間近く
まったく時間に間に合う事無く、会場についた時点で既に体力はほぼ限界という、
過去最悪のコンディションでのFuji Rock Festivalは完全に乗り遅れの不完全燃焼だった


来年はやっぱ3日間!そして、電車では絶対に行かない事を心に決めた



やはりこのBandは野外で聞くに限る!着いたばっかの自分に、一気に「フジにやってきたんだ」という気分にさせてくれた

やはりあの声が生で聞けるなんて!しかも「帰れない二人」が聞けるなんて!ただ、「夢の中へ」でWhite Stageへ移動しちゃったんだけど、その後「少年時代」歌ったんだね…

  • Fucked Up

もうね、曲知ってるとか知らないとか関係ないのよ!デブでハゲでめちゃくちゃRockなヴォーカルがひたすら最高なステージ!ひたすら楽しすぎる!

  • Jack White

「Seven Nation Army」これが聞けただけでもう幸せだ!ビールをガンガン煽りつつ大合唱!

  • Explosions In The Sky

モグワイっぽい美しい轟音が苗場の夕暮れと超絶マッチング!期待してなかった分、かなり良かった!

  • Refused

この日のベストアクトは間違いなくコイツらだった!ザクザク切り刻むリフに微妙に他とは違うリズムが生み出すグルーヴ!そこで縦横無尽に動き回るヴォーカルがかっこよ過ぎる!
「日本へ来るのにこんなにもかかってすまない」的なMCに萌えつつ、14年ぶりの再結成とは思えないLiveを堪能!

好きになったころには解散していたBandが突然の再結成、こんなにうれしいことはなかったんだけど、やっぱオマーが終始静かだったのは残念で仕方がない。やっぱ仲悪いのかな〜