読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Dark Knight Rises:ダークナイト ライジング

Movie ★★


伝説が、壮絶に、終わる




リブート作品をリブート!


クリストファー・ノーランバットマンの最終章
あの壮絶な闘いから8年もの時が経ち、偽りの歴史の元に作られたデント法という名の静かな抑圧により、
人々は一部の者のみが得られている平和という元に暮らしていた


そんな中、ベインという新たな脅威がゴッサムシティに革命を起こす!
ただしそれは、ある目的を遂行するために行われた偽りの革命
崇高な思想と主導者亡き革命は、結果として人民による恐怖政治を引き起こすだけだった!
そんな中、最強の敵ベインに理想も腰骨も砕かれたバットマンが、
人々に憎まれ石を投げられながらもライジングする姿を描く!


黒幕がわかった時点で分かるのは、
ここへきて「バットマン・ビギンズ」をリブートしている暴挙!
結局、作品全体の評価も「バットマン・ビギンズ」と言わざるを得ない。


最後の方で差し込まれる、どんでん返しな展開は、ペインに期待していた観客の期待を裏切るちゃぶ台返し
いきなりスケールが小さくなったべインを筆頭にカリスマ性に欠ける悪役たち!
やっぱこのシリーズのキモである悪の魅力がダークナイトと比べると物足りないので、
作品全体としての評価を下げざるを得ない


やはり前作のハードルは凄まじかっただけに期待しすぎなのは否めないが、
数々の評論家が指摘する通り、リアルとフィクションの線引きが曖昧なので
世界観に入り込むことが出来ず、折角のバットマンがライジングする姿も乗り切れなかった…