読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Documentary Of AKB48 Show Must Go On 少女たちは傷つきながら、夢を見る

Movie ★★★★★


AKB48
傷つきながら、困難と向き合う
不屈のアイドルグループである。




すべては秋元康のシナリオどおりに


くやしいっ…ビクビクッ!!
正直、AKB48の事は特に気にして見てなかったけれど、
こんなの見せられたら、応援せざるを得ないじゃないか!


今や国民的アイドルグループとなるAKB48の2011年に密着したドキュメンタリー第二段!
バックステージ・移動中など、ところ構わずカメラを回し続けた結果、カメラは彼女らの中で空気と化し、
その状態で映りこむ激動の2011年の中で傷つき、そして立ち向かっていく少女たちの自然体の姿がほとばしる!


過酷な状況化に追い込めば追い込むほどに新たな魅力が溢れ出す
ボロボロで限界寸前の彼女たちの満身創痍な姿を楽しむという残酷エンターテイメント
少女たちは傷つきながら夢を見るというよりは、少女たちに俺たちが夢を見ている




AKB48のドキュメンタリー第二段
総選挙・西武ドーム公演・チーム4のスキャンダルという、大きく分けて3つのトピックスの中で、
TVでは見る事の出来なかった満身創痍の少女の姿に驚愕しながら、尊敬の念すらも覚えてしまう
そんな姿を見せられたなら、それが例え秋元康の商法だとしても、体が勝手に応援してしまう!


舞台上では凛としていた大島優子のバックステージでの本来の姿
明らかな人災でバタバタと倒れていく中で、満身創痍でチームを引っ張るたかみな
チーム4キャプテン大場美奈のスキャンダルにより期間限定キャプテンを任された島田晴香の心境


もうね、こんなの見せられて、彼女達を応援したくならなかった人がいるならそれは下衆ですよ!
そしてね、こんなのを売り物にしてもうけようとしている人は下衆の極みですよ!
「少女たちは傷つきながら、夢を見る」って言ったって、
傷つけているのは紛れもない我々なのであって、なのにこんなにも面白いっていう鬼畜エンターテイメント!


なにより、ここまで入れ込んで鑑賞してしまったのは、被写体以上に映画の完成度の賜物だと思う
一本のドキュメンタリー映画としても、かなりクリティーの高い作品
TVだけでは見る事の出来なかった一面が…って書くとすごい陳腐に聞こえるかもしれないが、
十代の多感な少女を無理やり見越しに担ぎ上げては、一年間の評価をしてしまう総選挙
その結果を受け入れるTVでは見せない素の姿にグッとくるのだ


「え?AKB?」とか言って鼻で笑っている人にこそ、ぜひ見て欲しい