葉問前傳:イップ・マン 誕生


ブルース・リーの精神はここから生まれた――




これぞ、便乗商法!


制作会社も監督も全く違い、
イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」とは似て非なるイップ・マン
イップ・マンが詠春拳を極めるまでを縮小化していくスケールで描く!


何よりも上記のシリーズにみられた熱量やスケール感がまるでなくなり、
ビデオスルーすらも危ういB級、C級映画にも似た小物感が全体に漂っている
ブルース・リーからの受け継がれる香港アクションの流れを少しでも知った者にとっては、
ここまで豪華で胸熱過ぎるキャスティングにも関わらず、なんだこのVシネみたいなスケールは!?


とは言え、ガチ詠春拳の使い手であるデニス・トーにイップ・マンの息子であるイップ・チュン、
イップ・マン 序章」でも御馴染みルイス・ファンらによるアクションはシリーズを上回る完成度!
特にユン・ピョウとサモ・ハン・キンポーの闘いなんて、胸熱過ぎて涙なくしては観られない!


そんな素晴らしいアクションに目を奪われていたら、
驚愕のラストの前に膝から崩れ落ちる事間違いなし!
そんな香港映画らしいと言えば香港映画らしい荒唐無稽で荒削りな物語!


イップ・マンの「序章」「葉問」が素晴らし過ぎただけに、
言うなれば、バランスをとっているかのような、
本来の香港アクションらしい作品に仕上がったと割り切って観るべし!!