読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dragon Ball Z 神と神


ドラゴンボール、卒業!


幼少期から自分の青春を突っ走ったTVと言えば、ドラゴンボールに他ならない
少し上の世代の人が木曜洋画劇場の次の日はジャッキー・チェンを真似したように、
毎週木曜日の小学校には孫悟空を真似した格闘アクションを誰もがこぞってやったものだ!


そんな思い入れが強過ぎるTV番組が今頃になって映画となるだなんて!
そんなの観に行かない訳がないじゃないか!と高鳴る鼓動に身を任せている自分には、
晩年のDragon Ball GT辺りの記憶は綺麗さっぱり吹っ飛んでいる!


そんな前置きが多くなる往年ファンである僕らの期待を色んな意味でぶった切ってくれた本作!
いきなり主題歌がチャラくなってるなーと思いきや、作品全体の薄っぺらでチャラチャラ!!
もはや雑誌の付録に付いてくるおまけDVDを思わせる、
媚びをうったどうでもいいファンサービスだけ水増しされた超ガッカリな劇場版!


まず、悟空のとった衝撃の行動については、後述するが5億歩譲って目を瞑るとして、
やっぱ劇場版ならさ、中ボスくらいを簡単に潰して最期に出てくるラスボスに、
クリリンかませ犬となり「なんで俺だけこーなるの」的な展開が欲しいじゃん!
そんでもって、大ピンチでキャラクターの一人が無惨に殺されてプッチンしたら大変身!
変身したら今までなんだったんだよ!ってくらいに超強くなってるって流れが欲しいじゃん!


そんな、インフラにインフラを重ねて、ドンドン強くなっていくキャラクターによる、
手に汗を握る凄まじい戦闘シーンを大画面で観れる事に期待していた自分だったのに、
なんていうか今回の戦闘は、まるでその戦闘をみんなで微笑ましく見守ってるみたいな緊張感のなさ!


ボンクラのパイセンであるヤッシーさんも指摘してたけど、
おべっか使うベジータやピラフの流れなどから、
初期ドラゴンボールのギャグ路線をしたかったのかもしれないけれど、
それにしてはやっぱりギャグが古過ぎるよ!ってか、それサブいよ!泣


だがしかし、この作品の凄さってやつは、本当は物語云々ではなかったのだ!
悟空の導きだす新たな答えを観て、ついに自分にもドラゴンボールを卒業する時が来たのだと確信した時、
つまり、往年のファンにある意味での通過儀礼というものを劇場で味わせてくれた事に気付かされ、
ここではじめて鳥山明先生の凄まじさを肌で感じたのだった...


ありがとう、鳥山先生!
そして、さようなら!