Fuji Rock Festival 2013 -Day2-



@苗場スキー場

2日目のフジロックも一言で表すならば「陰と陽」
観ている者を突き放すかのような圧倒的な世界観で誰も着いて行けない唯我独尊の狂気があれば、
オーディエンスと共に頂点へとぶち上げていくGrooveで一体になるStageもあり
Fuji Rock Festivalの振り幅の大きさとArtistの素晴らしさを改めて体感する

SterussJurassic 5のライブでHiphopの生み出すGrooveを改めて実感し、
Björkの神々しさに思わず息をするのを忘れてしまったり

天候もまた炎天下からの土砂降り、からの炎天下という前日以上にツンデレ具合
特に、昼以降のありえないレベルでの土砂降りは大雨洪水警報発令レベル
奥田民夫から降りしきる豪雨は、近年稀に見るレベルの大迷惑

「ヒップホップでロックしに来たぜ!」
朝からVibes全開で幕開けたLiveは、寝ぼけまなこのフジロッカーズの心と身体を暖めていく
サ上とロ吉・タケウチカズタケ・ATATAとの競演も見せつつ、最後は2MC2DJで締める
二人の暖かい人間性がそのまま音となり見ているものの心へ響く
何年か前に見たTha Blue Herbとはまた違った意味でこれこそHip hopだと思えるStageだった

椅子に座りながら早起きしたので昼寝しながら鑑賞
やっぱり女性の人気あるんだなー、恨み妬みでちゃんと聞けなかったけど、盛り上っていたと思うよ!

突然振り出した土砂降りにも全く気にする事もなく、マイペースで続けていくLive
まじで過酷過ぎる雨の中、奥田民生らしさは揺るがない、その変わらないキャラクターに癒された
ブレないおっさんって格好いいよ、ホント

なるほど、こういうのをスルメと称するのだな
Liveが進行するにつれてミニマルな音作りが次第に広がりを見せ、
最終的には身体を動かさずにはいられないGrooveを生み出していく
全然音源をcheckしてなかっただけに、こういう嬉しい出会いがあるのもフジロックの魅力なのだ

  • Darkstarを横目に、お風呂の誘惑に耐え切れず離脱。フジのお風呂はもはや麻薬と言っても過言ではないね
  • Bj�rk

あのbj�rkの声を生で聞くことが出来るなんて!
やっぱりbj�rkはbj�rkだった、CDと全く変わらない奇跡の歌声が苗場に響き渡る
圧倒的な美しさの前に息をするのを忘れるくらいにただ圧倒されっぱなし
心が震える歌声というのはこの事を言うのか、本当に凄まじいLiveだった

あの6人組みのじゃれ合いにもコンビネーション抜群の掛け合いが見られるなんて!
あの時と変わらない笑顔に満ち満ちたVibesは、White Stageの最後って事でふらっと立ち寄った一見さんすら巻き込んで、
FunkyでHappyなGrooveがWhite Stage全体を包み込んでいく!
余裕すら感じられるステージングはキャリアとスキルの賜物、そんな彼らのLiveはHip hopの未来を予感させたと言っても過言ではない
アンガス・ヤングなファッションに身を包んだCut Chemistがギターにもしたプレイヤーで「Smoke On The Water」やったときはアガったなー