Pacific Rim:パシフィック・リム


大人のための超豪華お子様ランチ


ウルトラマンゴジラマジンガーZガンダムエヴァンゲリオンetc...
日本の特撮・ロボットアニメに夢を馳せたオレたちが、手放しで大喜びできる作品がやってきた!
この作品を見て血が滾らない男がいたら、そいつにはイチモツがついていない!
はっきり言って、ボンクラ男子の胸熱描写だけを集めて作り上げた作品


ギレルモ・デル・トロの日本愛に満ち満ちた描写が炸裂しまくり!
しょっぱなの戦闘シーンからいきなり、まるでウルトラマンがハリウッド映画になったかのようだ
子供の頃にTVの前で熱狂していたあの感覚を大人になってスクリーンの前で感じている


そんな男子の夢が詰まった戦闘シーンだけで個人的には星5つ!
そこに火傷するくらい胸が熱くなる展開とそこに持っていくための話の強引さ、
全ては特撮・ロボットアニメの様式美に準じたツッコミどころ完全無視のトンデモ描写の連続で、
全てのボンクラ男子にとってのツボというツボを反則技を駆使して刺激しまくる、あっという間の130分!


と、ここまで言ってしまうと、
怪獣やロボット好きにしかわからないような閉じたような作品に聞こえてしまうかもしれないが、
この作品は、むしろ怪獣とか特撮とかロボットという単語からにじみ出るジャンル映画感が嫌いな人にこそ見て欲しい!
ハリウッドのビッグバジェットとしても普遍的で年齢問わず万人が楽しむこと作品だと思う
※ただし、性別は問われるかもしれない…


そして、なんと言っても我らが芦田愛菜の名人芸!
菊池凛子も含む他のキャストが総じて勢い任せの演技で押し切っている中で、
これぞ真骨頂とも言える泣きの演技が冴え渡りまくり!日本の子役は世界に通用する事を証明!


エヴァンゲリヲン」の実写化も目じゃないんじゃないかと思うくらい、
本当に凄まじい戦闘シーンは圧巻なんだけど、夜の対戦が多くて暗いので、
ゴチャゴチャしてよくわからなかったってのはちょっと残念
そのせいかわからないけど、やっぱり敵を倒した後は、
イェーガーに決めポーズを決めて欲しかったよね!!


とはいえ、そんなのはお子様ランチに入ってるグリーンピースをいじるようなもの
エンドロールが流れきったあと、
レイ・ハリーハウゼン本多猪四郎へのメッセージもまた胸が熱くなる
「特撮」っていうものを愛して、本気でカッコ良く撮ろうとすれば、
こんなに素晴らしい映像になるんだ!


怪獣とか特撮とかで斜に構えているような自称映画通がいたら、
そいつは映画の本質をわかっていないも同然!
要するに題材はボンクラであっても、
本質に流れるテーマってやつはもっと普遍的なものだと言う事!
ギレルモ・デル・トロの「あこがれた日本」で、
この作品がヒットしなかったら、日本人は終わりですよ!


これがi-Maxで見られるなんて最高!
つべこべ言わずに見ろ!