No habrá paz para los malvados:悪人に平穏なし

f:id:mktone:20141207153904j:plain
こんな警官はいやだ


ストレートなくらいにラムが濃過ぎるラム・コークを一気に飲み干して、
マドリードの夜の街に、髭・ロンゲ・オヤジの超ど真ん中な極悪刑事が千鳥足で歩き出す
ふと迷い込んだ閉店後のナイトクラブ、もう一杯だけラム・コークを飲み干すだけのはずだったー
そのまま転がり落ちるように行き着いた果ては、まるで「タクシードライバー」のような結末


泥酔状態の中で巻き起こしてしまった一つの事件
その事件をもみ消そうと奔走する悪徳刑事だったが、
次第に、さらなる大きな事件に足を突っ込んでいく―


この主人公の極悪刑事っぷりがあまりにケチくさくてダサいんだけれども、
従来の警察組織ではこの事件を未然に防ぐ事が出来なかった巨悪な事件を
この極悪刑事はたった一人でこの事件を防いでしまった


2004年のマドリード同時爆破テロを防げなかったスペイン当局への皮肉を織り交ぜながら、
どこか清々しくもあり、それでいてどんよりとした何とも言えない後味が小気味良い


とりあえず、主役の悪徳刑事の渋過ぎる顔が素晴らし過ぎる!
いい具合にアルコールに呑まれてヤツれた落ち目っぷりが絶妙!
台詞も心象を吐露する事もなくひたすらムスッとしていて、一体何を考えているか分からない
けれど、その表情一つで何か分かった気にさせてしまう説得力!


この作品、まるで「フレンチ・コネクション」のように、
最初から最後まで余計な説明描写や説明台詞が一切ないまま進んでいく
あまりに最低限の情報しかないので、その余白は観客一人一人が埋めていく
このシンプルさ、潔さが非常に好感が持てる


そして、この映画全体の漂うヒリヒリとした空気感は、
2012年に作られたとは思えない、まるで70年代のハードボイルド映画のよう!
全体的に派手さを抑えたド渋過ぎる世界観に引き込まれていく!
特に序盤とラストで対象的に描かれる人差し指に引っかけた銃のカットの格好良さと言ったら!


アクションも少なめだし、主役の出で立ちからも分かるように派手さは皆無で地味
そして何より、説明がほとんどないまま進んでいくシンプルな物語
ここが賛否の沸かれるポイントであると思うけど、
個人的にはこういう渋い作品、嫌いじゃない!