The Amazing Spider-Man 2:アメイジング・スパイダーマン2

f:id:mktone:20150109174016j:plain
相変わらずのリア充っぷり!


「ある一点」を除く以外は、文句のない最高のアメコミヒーロームービー


特に映像のセンスが全編に渡って素晴らし過ぎ!
スパイダーマンシリーズの風物詩ともいえる移動シーンの躍動感・浮遊感がさらに進化!!
もはやスクリーンなのにまるで風を切っているかのような気持ち良さ!
ここだけでも高い金払ってi-maxで見た甲斐があるってもの!


CGっぽさを全然感じさせない大迫力のVFXも素晴らしく、
エレクトロの電流表現は思わず身を乗り出してしまうくらいの面白さ!
さらに音楽をうまく使った戦闘シーンにやっぱマーク・ウェブってセンスあるなー


そんな素晴らしいアクションシーンに加えて、
ジェレミー・フォックスとディン・デハーンの二人が脇を固めた魅力的なヴィラン
この映画全体の底上げをしていてしっかりとした厚みのあるヒーロー映画に仕上った


もうアクションが言う事ないくらい最高で、ヴィランも魅力的とくればもう最高じゃないすか!
って話なんだけど、どうしても受け入れられなかったのが一点だけ
それは…


スパイダーマン、お前のそのリア充っぷりだよ!!


「これからお前にも敵が増える、だからグウェンには近づかないでくれ」
1のラストでのグウェンの親父の遺言を「守れない約束もある」と言って蹴った時点で、
おれはこいつを好きになれないと心に誓った前作から、
何も変わらないチャラっぷりを見せるスパイダーマンに反吐出まくり!


わざとらしくグウェンの親父の幻影と見ちゃったりして悩んだフリをしながらも、
結局、グウェンに近づいてくのな!遺言を守る気なんて毛頭ねーんだろ!


しかも、本作にいたってはチャラ男に加えて、ものすげえダメ男
特に、グウェンが夢に向かって走り出す一歩を踏み出すための試験会場で、
相手の都合を省みずに慰めてもらうシーンのウザさには怒りしか生まれなかった


いるんだよなー、女にモテるダメ男!
女も女でさ、そういうダメさを「可愛い」とか思っちゃうの!
で、男はその事を知ってるから余計に甘えて、グッダグダなのね
そうやって、ドンドン二人の評価が落ちていくカップル、大学にいたわー




そんな話は置いといて…


見ているうちにドンドン嫌いになっていくスパイダーマン
とは言え、あっけらかんなイケメンっぷりもそれはそれで好感が持てるんだよなー
マックスとスパイダーマンとの出会いのシーンでマックスが勝手に親近感が沸いてしまうのも納得
そのすれ違いから逆恨みに発展していく展開もなかなかグッとくる


そんなダメっぷりの果て、最後の最後に悲劇が待っている
ここから成長していくスパイダーマンが見られるならば、
ギリギリでそのチャラ男っぷりも許せるかも!


グリーンゴブリンの戦闘シーンも次回にお預けなので、
それも含めて次回作に期待したいところ