読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

her:her 世界で一つの彼女

Movie ★★★★★

f:id:mktone:20150109171912j:plain
惚れてまうやろーー!!


コンピューターのOSをデートする男


そんな滑稽でおそろしいくらいに痛々しい姿を
スパイク・ジョーンズの脳内が炸裂した幻想的で美しい風景の中で描いていく
そこで浮かび上がってくるのは、普遍的な男女のほろ苦い物語


彼女(AI)との出会いで自分自身を取り戻していく男は
新しい人生を踏み出すため妻との関係にケリをつけにいくのだが…
そこで巻き起こる悲劇の数々で男は心のふれあいとは何かを知る


とりあえず、サマンサが愛くるしすぎ!
特にスカーレット・ヨハンソンに最後の最後で差し替えた声の生々しいエロスたるや!
もうね、主人公の気持ちがあまりに純粋でときめきに満ちていた姿に感情移入しまくって、
本当に切ない!たぶん、オレでもそうなる!分かる、分かるぞ、その気持ち!
痛々しい姿を見るたびに、「惚れてまうやろーー!!」と悶絶しまくり!!


ふいに訪れたあっと驚く展開で、ついに彼女は手の届かぬ場所へ行ってしまった
自分だけのモノに思えた彼女は、本当は自分だけのモノではなかったのだ
そうか、自分は彼女の成長の妨げにしかならなかったのか
悪女に思えたルーニー・マーラの言葉が後になって突き刺さる切なさ!


人工知能をもった「OS」に恋する哀しい悲しい物語というトリッキーなプロットだけど、
根っこに描かれているのは、とても普遍的な男女の恋愛のかたちだった
「愛とはなにか?」という哲学的なテーマをユニークに描いた名作だ


スパイク・ジョーンズはどこか変わった映画を作るだけの監督だったけど、、
この作品で一気に突き抜けて、本物となった気がする