West of Memphis:ウエスト・オブ・メンフィス

f:id:mktone:20141213155544j:plain
アメリカ版 「それでも僕は殺ってない」


ある日、アーカンソー州ウェスト・メンフィスの森の中で、
3人の3歳児の尊い命が無惨な形で葬り去られた
裸で手足は縛られたまま性器をズタズタにされ川に投げ捨てられていた


そんな、おおよそ人の所業とは思えない凄惨な殺人事件に人々は恐怖し、
この訳も分からないくらいに恐ろしい事件の真相を求めるようになった
そして、どこからか聞こえた小さな声がその街全体を包んでいく

「これは悪魔の儀式だ!これはカルト殺人だ!」



メディアによる揺動も重なり、人々は理解出来ない恐怖から逃れるため、
偏見と差別によるレッテル張りをする事で心の平穏を取り戻そうとした
そして事件はさらなる悲劇を巻き起こしていく―。


暴走する感情と欠落するモラルが権力を握った時、
まるで生け贄の如く、3人のティーンエイジャーが吊るし上げられた
理由はメタルを愛する内向的なティーンエイジャーであったから—
この少年たちが自由を手にするまでの足跡と事件の全容を描いていく


そこには偏見による決め付けの恐ろしさと愚かさと
保身に目がくらみ正義を見失った司法の暴走をまざまざと描かれている
少し内向的でメタルを愛し、若さ故に悪魔ノートを作ってしまう廚二っぽい青年たちは
この失われた正義に犠牲者となり、結果として彼らの青春は刑務所となってしまった


この理不尽過ぎる状況に、パールジャムエディ・ヴェダーらが立ち上がる!
ジョニー・デップパティ・スミスベン・ハーパーにナタリー・メインズ、
そして、ジョセフ・アーサーにダーニ・ハリスンらそうそうたる面々が
彼らを支援し、その彼らを支援する運動はやがてアメリカ全土を動かすことなる…
のだが…


その結果、この事件は行ったんの終息を迎える事となる、理不尽でやるせない形で…
"Alford Plan"という司法取引により、ある一定の結末は迎える事が出来たかも知れない
それでも、エディ・ヴェダーが言うように「正義は半分しか施行されていない」のである

この映画の結末はある種のハッピーエンドのように締めくくられる
確かにメンフィス3の彼らにとっては、とりあえずひとまずは救いのある結末となった
けれども、彼らが不当に奪われてしまった18年間は戻ってこない


彼らの笑顔を見る度に、その理不尽さとやるせなさで心が苦しくなる
そしてそれ以上にやるせないのは、真犯人が裁かれる事も疑われる事もなく、
何食わぬ顔してウエスト・メンフィスの街を闊歩している事だ


そう、この映画がエンドロールを迎えたとしても、
裁判が勝手過ぎる結末を用意したとしても、
この事件は終わらない、決して終わってはいないのだ