Beats Rhymes&Life:ア・トライブ・コールド・クエストの旅

f:id:mktone:20141116115004j:plain
どんだけ赤裸々だよ!


Hip Hop好きならだれもが通るA Tribe Called Quest
そんな彼らの姿を監督が身銭を切って追い続けたドキュメンタリー
結成からNative Tonguesの成り立ち、そして解散からその先まで
彼らの足跡を様々なミュージシャンとのインタビューを交えて語っていく


内容の2/3はATCQの結成から成り上がり、そして解散していくまでの当時の彼らの心境や
彼らが与えた様々な影響をアーティストを交えて語る、ごく普通のドキュメンタリー
けれども、残りの1/3あたりからは、とにかくものすごい内容になっていく!


いや、何がすごいって彼らの赤裸々っぷり!
解散の原因やメンバーの不仲を包み隠さず映し出す
思わず、「こんな見ちゃっていいの!?」って気にすらなってくる


でも、作品を見ていくにつれて、本当は二人とも同じ事を考えているのに、
なかなか仲良く出来なくてウジウジしている感じがして非常に面白く愛らしい
そして、いつも二人の間で板挟みにされるAliの姿が不憫でならない(笑)


あのSummer Sonicでの最高のLiveの舞台裏はこんな事があったんだね!
あの時の事を思い出して、さらに鳥肌が立ってしまう!
LiveのリハーサルでのDanceシーンや最後のメッセージ
希望を持たせる前向きなエンディングに好感を持てる


ただ単にそのアーティストの功績を讃えるだけの映画に留まらず、
そのアーティストたちの人間ドラマまで捉えているのが面白い
それもこれもATCQの大ファンである監督の身銭を切ってまで追い続けた賜物だと思う


最期の最期に監督とすらも仲悪くなるATCQ(特にQ-Tip)の姿を見て、
「こいつらどこまでややこしんだよ!」とツッコミを入れたくなるのもご愛嬌!


ATCQを知らない人でも前半で彼らがHiphopにどれだけの影響を与えたかを知りつつ、
後半のドタバタっぷりで「こいつらおもろい」って気になる事間違いなし!