平成26年特別展 江戸時代の罪と罰

f:id:mktone:20141123143029j:plain
f:id:mktone:20141123142825j:plain
f:id:mktone:20141123142524j:plain
f:id:mktone:20141212013428j:plain
f:id:mktone:20141123142640j:plain
国立公文書館

公事方御定書から明治憲法まで
江戸時代から明治にかけての犯罪や刑罰、
牢獄の歴史を貴重な公文書と共に読み解いていく


いろんな拷問や刑罰の挿絵が妙な雰囲気を醸し出し、
その中にある刺青入墨の挿絵でなぜ日本にTattooはタブーなのかを知ったり、
鼠小僧や大岡越前守などの伝記なんかも見ていて非常に面白い
これで無料なんだから、これはかなりお得


そして、帰りがけに大日本帝国憲法日本国憲法の原本を見つめながら、
昨今の日本の情勢を思いつつ、皇居を眺めて帰る