大義は国民がつくる

特定機密保護法の施工は12月、実際に運用されるのは年明け
法治国家の日本が集団的自衛権の法整備をするのは来年の通常国会


あの日あれだけ反対していた人々が「この選挙に大義がない」とか「金の無駄遣い」なんて、
ほんと、どの口が言えたことなんだろう
今回の選挙次第で特定機密保護法の修正や集団的自衛権の法整備によって、
反対していた人々の理想をやっと実現できるのに


まさに、喉元過ぎれば熱さを忘れるとはまさにそのことで、
あの時の選択を「国民を無視して勝手に行う独裁主義」とか言っていた人々は、
むしろ今回の選挙で是非を問うという選択を褒められるべきなんじゃないの?


個人的には選挙の争点をアベノミクスに絞らせた点こそ現政権の批判すべき点であり、
裏を返せばそうさせているということはみんな嫌いな安倍内閣の弱点が隠されているのでは?
共産党の「大義は国民がつくる」はまさに言い得て妙、それこそ今回の選挙の争点だと思う


だからこそ、僕らは本気で考えなくてはならない
片方の意見しか取り入れない感情論で日本の未来が決まるのは嫌だけど、
選挙こそが国民の総意を託す場なのだからどの結果になろうとも僕は受け入れる


個人的に今回の争点は4つだと思ってる


  • 国民経済

消費税の引き上げはいつ必要なのか?
本当に景気の判断もなしに消費税を上げていいのか?

  • 特定機密保護法

スパイ禁止法がないために拉致を先導した人を罰する事も出来ない日本において、この法律は、本当に言論を統制するための法律なのだろうか?
この法律を反対していた政党が、今回のマニュフェストに反対する主張を入れなかったとしたら、それは政争の具としての反対だった事を意味する

国連憲章にあるこの権利を持つ事が日本が戦争をする国になるのかどうかは、今回のマニュフェストの内容で明白になると思う

再稼働の是非よりも今後についての議論な気がする
全ての廃炉にすべきか、段階を踏むべきか、このまま運用するべきか

安倍内閣がおかしいと思う人は安倍内閣がしっかりとしていたという意見を
安倍内閣がしっかりしていたと思う人は安倍内閣がおかしいという意見を
片方の論調だけで物事を判断してはいけない


投票率が低いから国民の総意ではない」とか
負けた時にそんな馬鹿げた言い訳しないよう是非ともみんな投票に行ってほしい
ただし、その一票は僕らの近い未来に直結する一票である事自覚して欲しいし、
もし投票できるのがなければ白紙票を投じるべきだと思う


勉強するのは超面倒くさいけど、
あの時しっかり勉強しておけば良かったでは済まされないレベルに今回の選挙は超大事


ちゃんと物事を見てみれば、物事には全て意味がある
この選挙に意味がない事と思うのはそう見せられているだけ
それは主にどっちの思惑なのかは知らないけれども、
少なくとも考えて色々な意見に耳を傾ければ傾けるほど、その一票は重みが増していく

酔っ払った時にだけ発動するドグサレ政治家気取りクソ野郎でしたー
「なに言ってんだこいつ」とか「お前間違ってるわ」って人いたら是非晩酌しましょう
「こんな事わざわざblogに書いてどうする!?」と思った人、それ多分正解です