天注定:罪の手ざわり

f:id:mktone:20150621005914j:plain
突き放された視点で描く三者三様の悲劇


山西省の炭鉱の男・重慶に妻子を残して強盗をしてまわる男・湖北省の風俗サウナで働く女・広東省での青年
近年の中国で起こった4つの事件をモチーフにした三者ならぬ四者四様の悲劇たち
生まれ育った地域も環境も違う人々が一線を越えてしまう瞬間を淡々と描き出す


バラバラに思えたそれぞれの事件もジャ・ジャンクー監督のフィルターを通すと
浮かび上がってくるのは、高度経済成長による中国社会の大きな影
それぞれ精一杯に生きていく登場人物たちの不条理なまでに悲しい現実を突き放した視点で痛烈に描く


急激な経済発展により、急速に浸透していった資本主義
その劇的な変化の果てに生まれたのは絶望的なまでの貧富の差だった
金がこの世の全てとなり、次第に狂っていく倫理観の中で、
己の尊厳を守るために最後の最後で起こした行動とは…


人が一線を越えるには訳がある
それが決して許されざる行動であったとしても…
ただ表面をたださわっただけではわからない罪の手ざわりは、
とても生々しく、そして、とても悲しいものなのだ