Run All Night:ラン・オールナイト

f:id:mktone:20150509204856j:plain
これぞ大人のリーアム・ニーソン映画


本当はもっと前から着けなくてはいけなかった落とし前
そんなカルマを背負いながら互いに生きる男たち
過去に決着をつけるには血で血を洗う決闘だけ


闇の社会で共に生き、一線を越えるのは一緒だと誓った友が、
それぞれが互いの一線を越えるのは、たった一発の銃声だった
それは運命のいたずらではなく、初めから決められていた悲劇


あるアイリッシュ・マフィアの光と影
方や何十人もの十字架を背負い墜ちていく男と十字架を背負いのし上がった男
息子すらも巻き込んだ業の罪悪感を心に秘めた二人の因縁に
決着をつける時間はただ一晩だけで十分だった…


本当はすごいダメ親父が奮闘しスティーブン・セガールとなるというプロットは、
もはや【リーアム・ニーソン映画】というジャンル映画と化しつつある
しかし、今回はそこに70年代ハードボイルドが加わって、
地味で黒光りするような苦みばしった、オヤジ大人の映画に仕上がった


カメラ動かし過ぎてよく分からない部分もあったけど、
何か妙にケレン味のある作風と漂う70年代B級クライムアクション感
なんかこの感じ…個人的には嫌いじゃない!