読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

John Wick:ジョン・ウィック

f:id:mktone:20151101232721j:plain
待ってたぜ!これこれ!
なんかあの頃のキアヌ・リーブスっぽい!



あるマフィアのドラ息子たちによって生きる希望を無残にも壊されてしまった一人の悲しき男
しかし、その男とはある業界にとっての伝説であり、裏社会では知らぬ者はいないほどの人物
その男が作り上げた伝説によって勢力を拡大したあるマフィアは再びその伝説を目撃する事となる

今度は自分たちが狙われる立場となって…


キアヌ・リーブス版ナメてた相手がとてつもない人間でした映画!
万人受けはしないまでも、ハマる人にはクセになるジャンル映画としてはバッチリの仕上がり
ストーリーはひねりのない一直線なんだけど、そこに至るまでの設定や世界観が最高!


全体的にダークでネオンがかった妖艶で幻想的ながらどこか退廃的な世界観
そこで繰り広げられるホテルを中心とした殺し屋業界の姿
独自のスタイルを貫き通すジョン・ウィックという男の様式美がめちゃくちゃクール
個人的には「ドライヴ」にも似ている気がする


そんな中で躍動するキアヌ・リーブスの「ガンフー・アクション」がしびれるほどかっこいい!
銃を主体にしつつ、寝技や投げ技などの組み技を多用した格闘シーンは荒唐無稽なのに何故かものすごい説得力のあるアクション
どんな相手に対しても、最後は必ずヘッドショットで仕留めてる感じもニクい!
全体的に戦闘シーンはロングショットが多いんだけど、それをちゃんと自分でこなすキアヌの心意気も素晴らしい


大勢の敵に向かって銃を使いつつも拳術で戦ってワチャワチャしている感じやカンフーアクションにVFXをミックスした戦闘シーン
そしてダークな世界観の中でマリリン・マンソンをBGMにキアヌ・リーブスが躍動してたら、もう気分はマトリックス
そんな「マトリックス」前後のアクション映画の空気によく似た「あの頃」感はそのままに、
現代版にブラッシュアップされたアクションは新鮮さと懐かしさが同居した新しい世界観を生み出している!


完全無欠感はありつつも、意外に色んな的にヤられて所々ボッコボコにされてる感じもまた、
「数年ぶりに戻ってきた伝説の男」を醸し出すリアリティーになっている気がする
もうね、こう言うアガるアクションが見れるだけでもう1800円の元は取れた!って感じ


ただ序盤に復讐するための動機付けがちょっと薄いかな?
自分としては、思いのほか子犬との交流が短くて、もうちょっと溜めてくれた方がもっと復讐へのカタルシスが高まったと思うし、
あと、ウイリアム・デフォーのキャラが最後まで意外性がなく普通のキャラだったのは惜しい
個人的に最後に彼が裏切って大ボスみたいな展開の方が燃えたと思うんだけどね


とはいえ、ガンフーとこの世界観を生み出した時点でこの映画は勝ち!
ジョン・ウィックというキャラクターはもとより、殺し屋業界の世界ももっと見ていたいと思わせた時点で大成功でしょ!
男のロマンティックな心をくすぐる古くて新しいカルト的な一本!早く続編が見たい!!