読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trainwreck:エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方

2017 Movie ★★

f:id:mktone:20170419140957j:plain
下ネタは好きなのに、女子の下ネタには引く矛盾


ハングオーバー!」なんかに代表する【ブロマンス映画】の女性版。
これを【ロマンシス】とか【ウーマンす】とか言うらしい。
これをあのジャド・アパトーが作ったんだから、そりゃ面白いよ!
…って事なんだけど、なんだかなぁ。


そもそも、なんだろうこの批判しにくい雰囲気は…(汗)
確かにギャグは下らなくて面白いし、笑わせながらも最後はきちんと泣かしてくれる。
コメディー作品として、パーフェクトってくらいにしっかりしている作品。


確かに、親父の影響を強く受けてきたせいで、
男とはワンナイトラブしかしないという謎の哲学を持っているんだけど、
それって端から見たらただのヤリマンじゃん!っていうプロットがまず面白かったし、
それが本当の恋をする事でどんどん変わって行き、それに困惑しながら天邪鬼になって行くのも、見ていて可愛らしくて微笑ましい。
そして、親父が死んでしまい、彼女のアイデンティティーが失われる中で、真実の愛とは何かを知っていくという、
そんな奇抜だけど最終的にはきちんと万人が納得できる物語を書き上げる、ジャド・アパトーは流石。


また、主人公を演じたエイミー・シューマーのお茶目な演技もとても良かったし、
レブロンにアマレにジョン・シナといったトップアスリートやチョイ役にメソッドマンがいたりと、
意外なくらいに豪華なキャスティング(※特にジョン・シナの扱いは酷いんだけど、サイコーに面白い)で、
日本ではあまり宣伝されてないのが不思議なくらい。アメリカではけっこう数多くの映画賞にもノミネートされている作品。


いや、全然面白いはずの映画ですよ。
評価が高いのも納得だし、全くの異論もないですよ。


…なんだけど
…なんだけど


俺は全然のれなかったんだよなぁ(泣)


多分、これってもしかしたら女性がブロマンス映画を見てた時に感じていたのかも。
なんかねぇ、こういう下世話な話が大好きなのに、いきなり女の子に言われる引いちゃうっていう矛盾ね。
そう考えると、根深いところで差別的なのか?とすら、自分に思ってしまうくらい。


何がダメってのはなくて、単純に自分に合わなかっただけの話。
多分、女子同士で行って、そのまま女子会で自分に置き換えて話をする事で十二分に楽しめるだろうと思う。
ついにロマンシス映画の定番というべき作品ができたのではなかろうか?!
女子だけのお泊まり会とかのお供にも、ぴったりなんだろうなあと思う。


そんな30代前半独身男の妄想でした!笑